にほんブログ村 スイーツブログへにほんブログ村 スイーツブログに参加しています。
面白いブログだと思ったらクリックをお願いします。

2006年06月05日

SAVINGS/カットバウムクーヘン

セービング/カットバウムクーヘン
本日お伝えするバウムクーヘンは「ダイエー」の開発商品である「SAVINGS」から出されている「カットバウムクーヘン」です

セービング/カットバウムクーヘン

このバウムクーヘンは個包装の封を開ける前から甘ったるい香りが漂ってきました。風味の良い甘さの香りではなく、安菓子にありがちな甘ったるい香りです。
見た目も安価で膨張剤や乳化剤で柔らかくふんわり仕上げましたといった感じで、手に持ってみるとやはり腰のある弾力性はなく、ただただ柔らかい感じでした。なのですぐに形が崩れてしまいます。

包装に「しっとりソフトな」と書いてあるだけあって、確かにしっとりとそしてソフトでした。ややソフト過ぎるのは前述した通りです。
甘ったるい香りから察したように、やはり味も素材の甘みというより砂糖の甘みばかり目立ちました。そんなにしつこい甘みではなかった点は良いところかもしれません。冷やすとよりしっとり感が増しました。


株式会社ダイエー
※セービングはこちらの開発商品
カットバウムクーヘンの紹介ページ


<カットバウムクーヘンのデータ>
内容量 約28g(縦幅約7.5cm(年輪幅4cm)×厚さ約2.5cm)/個(実測) ※1包装10個入り
原材料 鶏卵、砂糖、小麦粉、植物油脂(なたね油・パーム油・大豆油・コーン油)、でん粉、麦芽糖、生クリーム、食塩、ソルビトール、膨張剤、乳化剤、カロテン色素、香料





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」で
5位〜10位を行ったり来たりのデッドヒート!!
皆様のお力添えが必要ですm(_ _)m
よろしかったらポチッとクリックしてください。
posted by yama3 at 08:03| Comment(6) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

株式会社平成の郷/バームクーヘン・バニラ

平成の郷/バウムクーヘン
本日お伝えするバウムクーヘンは「株式会社平成の郷」様から出されている「バームクーヘン」です
なぜ包装の上にロザンナを載せているかは後でお伝えします。

平成の郷/バウムクーヘン
平成の郷/バウムクーヘン

このバウムクーヘンは近所のスーパーで売られていました。
なのでスーパー系にありがちな生地に水分が少なく、パサつき気味のものでした。粉っぽさも感じられます。また膨張剤などでフワフワにさせているため、バウムの形をしたカステラとも言える食感でした。
パサつき感としてはサツマイモをレンジでふかしたような感じに似ていました。
焼き色も薄く、年輪もはっきりしていません。そのため年輪に沿って剥くということはできませんでした。

ま、値段も105円ですし、このような感じなのも妥当でしょう。
バニラ味と書いてあるということは別の味もあるのでしょうか?


株式会社平成の郷※ホームページ無し
株式会社サンエスの子会社
TEL:03-3605-6161
住所:東京都足立区加平3-2-17



<バームクーヘンのデータ>
内容量 約100g(直径約10.5cm(年輪幅3cm)×厚さ約2cm)/個(実測)
原材料 鶏卵、砂糖、小麦粉、植物油脂、コーンスターチ、オリゴ糖、乳化剤、洋酒、膨張剤、香料
(原材料の一部に大豆、乳、オレンジ、豚肉を含む)



<オマケ>
平成の郷/バウムクーヘン
真相は割引シールが貼ってあったからでした(^^;
お買い得なものには弱いんです。




にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」で
5位〜10位を行ったり来たりのデッドヒート!!
皆様のお力添えが必要ですm(_ _)m
よろしかったらポチッとクリックしてください。
posted by yama3 at 08:15| Comment(3) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

株式会社かし原/朝焼きバウムクーヘン・プレーン

かし原/朝焼きバウムクーヘン
本日お伝えするバウムクーヘンは「株式会社かし原」様から出されている「朝焼きバウムクーヘン」です

かし原/朝焼きバウムクーヘン

このバウムクーヘンにはバターや生クリーム、そして洋酒が使われていて、風味はそれなりに良かったです。また口の中で広がる甘みも市販バウムにありがちなくどくしつこいものではありませんでした。

かし原/朝焼きバウムクーヘン

年輪もなかなかきめ細かく綺麗です。焼き色は薄めです。
生地はふんわりとやわらかとしていて、なかなかしっとりとしています。

スーパー系の中でもレベルが高いバウムクーヘンだと思いました。オススメです。
1つ気になる点と言えば、原材料に「植物油脂」が2回表記されていることですね。誤植でしょうか?


株式会社かし原※ホームページ無し
TEL:03-3849-4686
住所:東京都足立区本木1-13-4



<朝焼きバウムクーヘン・プレーンのデータ>
内容量 約100g(直径約8.5cm(年輪幅2.5cm)×厚さ約3cm)/個(実測)
原材料 鶏卵、砂糖、小麦粉、マーガリン(植物油脂、バター)、コーンスターチ、植物油脂、蜂蜜、オリゴ糖、生クリーム、洋酒、乳化剤、膨張剤、香料、着色料(カロチン・カラメル)
(原材料の一部に大豆含む)





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」でついにベスト5入り!!
皆様のご協力に感謝ですm(_ _)m
よろしかったらポチッとクリックしてください。
posted by yama3 at 08:10| Comment(2) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

株式会社モントワール/スティックバウムクーヘン

モントワール/スティッククーヘン
今日はなんだかバウムを紹介したい気分が十分に溢れています。それは先日いいものを手に入れたからでしょう。
でも今日はそのいいものの紹介ではありません。少々他のバウムクーヘンのレポートも増えてきたのでそちらの紹介をしたいと思います。

今日お伝えするのは「モントワール」様から出されている「スティックバウムクーヘン」です

モントワール/スティッククーヘン
モントワール/スティッククーヘン

このバウムクーヘンは以前に紹介した「美松製菓/スイートクーヘン」に似た甘さを持っていました。 >>スイートクーヘンの感想はコチラ

ただこちらのバウムクーヘンの方が生地が硬めだったように思えます。スティック状になっている分だけ丈夫だっただけかもしれませんが。

焼き色は薄くて年輪ははっきりせず、生地は若干パサつき気味。そしてマーガリンなどの植物油脂の風味がよく感じられました。イコールそんなにたいしたレベルのバウムクーヘンではありませんでした。
スティック状にカットされていると言っても、1個が大きいので一度に食べるには少々多すぎる感があります。かと言って寝かしてみてもそんなに美味しさがアップしたわけでもありません。
寝かして美味しくなるには、やはり原材料から作り方までこだわりのあるバウムクーヘンでなければならないようです。


株式会社モントワール※ホームページ無し
〒150-0012
東京都渋谷区広尾5-8-14東京建物広尾ビル4F



<スティックバウムクーヘンのデータ>
内容量 約100g(縦幅約14cm(年輪幅3.5cm)×横幅約5cm)/個(実測)
原材料 卵、砂糖、小麦粉、マーガリン(乳、大豆を含む)、水飴、植物油脂、コーンスターチ、砂糖、異性化液糖、乳化剤、膨張剤、ソルビトール





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」でついにベスト10入り!!
皆様のご協力に感謝ですm(_ _)m
よろしかったらポチッとクリックしてください。
posted by yama3 at 08:09| Comment(2) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

銀座文明堂/バウムクーヘン(抹茶)

先日カルディコーヒーファームにオリジナルのコーヒーバウムクーヘンを買いに行った時にカルディのバウムが買えなかった代わりに、手に入れることができた銀座文明堂のバウムクーヘンの続編第2弾です。

>>前々回の記事はコチラ
>>前回の記事はコチラ

今日お伝えするのはそのなかのバウムクーヘンの1つ「抹茶」についてです。

銀座文明堂/バウムクーヘン

銀座文明堂/バウムクーヘン

このバウムクーヘンには「チョコ」と同様にプレーンのバウムに抹茶チョコレートが半分かかっています。このチョコレートの厚さは約1mm程です。このチョコレートの他に抹茶粉末がまぶされています。この抹茶粉末がやや苦みをもっていて、それ故に抹茶の風味がとてもよく表れていました。
「チョコ」と同様にフォンダンされた上からチョコレートコーティングされているので、チョコレートの部分もしっかりフォンダンのシャリシャリ感が感じられます。しかしやはりチョコレートの甘みが強く、フォンダンの良さが背面に隠れてしまっています。無論バウムの風味も同様に隠されてしまっています。

こうしたチョココーティングはミスドのオールドファッションシリーズに似たものを感じました。私はミスドのオールドファッションも何もついていない一番プレーンなやつが好みですし、このバウムクーヘンも同様に「プレーン」がが一番好みでした。

ちなみにバウムクーヘンは銀座文明堂でしか売っていません。どこの文明堂でも売っているワケではありませんのでご注意を。ただお手軽に買えるので、お散歩ついでに見つけたら買ってみるのもよいかと思います。
ここのバウムクーヘンは和菓子の老舗が作った感じがどことなく漂ってきます。



銀座文明堂


<バウムクーヘン(抹茶)のデータ>
内容量:約45g(直径約8cm(年輪幅3cm)×厚さ約3cm)/個(実測)
原材料:
卵、砂糖、バター、小麦粉、コーンスターチ、カカオマス、抹茶ー、米飴、アーモンド、洋酒、杏ジャム、食塩、寒天、膨張剤、酸味料、ゲル化剤、香料(原材料の一部にりんご、オレンジ由来を含む)
※他しい原材料は記載されていないので不明。よって「匠」の原材料をもとに抹茶素材を追加して記載。








にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加しています。
面白かったと思ったらバナーをクリックしてください。
posted by yama3 at 08:16| Comment(13) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

銀座文明堂/バウムクーヘン(チョコ)

先日カルディコーヒーファームにオリジナルのコーヒーバウムクーヘンを買いに行った時にカルディのバウムが買えなかった代わりに、手に入れることができた銀座文明堂のバウムクーヘンの続編です。

>>前回の記事はコチラ

今日お伝えするのはそのなかのバウムクーヘンの1つ「チョコ」についてです。

銀座文明堂/バウムクーヘン

銀座文明堂/バウムクーヘン

このバウムクーヘンにはプレーンのバウムにチョコレートが半分かかっています。このチョコレートの厚さは約1mm程です。このチョコレートの他にココア粉末がまぶされています。
フォンダンされた上からチョコレートコーティングされているので、チョコレートの部分もしっかりフォンダンのシャリシャリ感が感じられます。しかしチョコレートの味が強いので、フォンダンの甘さは感じられません。同時にバウムクーヘンの風味も感じることはできません。完全にチョコレート味に支配されてしまいます。それだけチョコレートの甘みは強いです。

チョコレートコーティングされている以外はプレーンと代わりはありませんでした。

ちなみにバウムクーヘンは銀座文明堂でしか売っていません。どこの文明堂でも売っているワケではありませんのでご注意を。



銀座文明堂



<バウムクーヘン(チョコ)のデータ>
内容量:約45g(直径約8cm(年輪幅3cm)×厚さ約3cm)/個(実測)
原材料:
卵、砂糖、バター、小麦粉、コーンスターチ、カカオマス、ココアパウダー、米飴、アーモンド、洋酒、杏ジャム、食塩、寒天、膨張剤、酸味料、ゲル化剤、香料(原材料の一部にりんご、オレンジ由来を含む)


※他しい原材料は記載されていないので不明。よって「匠」の原材料をもとにチョコレート素材を追加して記載。








にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加しています。
面白かったと思ったらバナーをクリックしてください。
posted by yama3 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

銀座文明堂/バウムクーヘン(プレーン)

カルディコーヒーファームにオリジナルのコーヒーバウムクーヘンがあると先日「バウムクーヘン三昧」様で記事に取り上げられていたので、会社帰りに北千住店に寄ってみました。

>>バウムクーヘン三昧のカルディのコーヒーバウムクーヘンの記事はコチラ

>>そのバウムクーヘンの感想はコチラ

しかし発見することができず、すごすごと帰ろうと思いましたが、なんと目の前に嬉しいものが現れました!

銀座文明堂/バウムクーヘンの焼きたて場面

お店は銀座文明堂です。以前「匠のバウムクーヘン」をお伝えしましたね。
>>匠のバウムクーヘンの記事はコチラ

7段と5段と1段で売られていましたが、切り売りしているので頼めば好きな大きさにカットしてくれるかもしれません。
以前に食べた「匠のバウムクーヘン」とはちょっと違ったものだったので、とりあえず「プレーン」「チョコ」「抹茶」の3種を1つづつ買って来ました。1段切りで「プレーン」は1個136円、「チョコ」と「抹茶」はコーティングしてある分だけ高いのか1個157円でした。

銀座文明堂/バウムクーヘン

上の写真が買ってきたバウムクーヘンです。右から「抹茶」「チョコ」「プレーン」となっています。

それで「プレーン」を食べたのでその感想を今日は語りたいと思います。前振りが長くてすいませんm(_ _)m

銀座文明堂/バウムクーヘン

外側にはフォンダンがされており、これがかなりシャリシャリしてて美味しいです。
生地はとてもふんわりしてます。焼きたてって感じでした。しかし甘みは若干強めでした。
このバウムクーヘンは「匠」よりもやや小ぶりに作られていましたが、小ぶりな分だけ価格も抑え目でした。生地も匠よりもやや柔らかかったように思えます。柔らかいのは焼きたてだからでしょうか?

銀座文明堂/バウムクーヘン

それから切り売りしてるので包装も簡易です。原材料も書かれていないただの透明なビニールに入れられて販売されています。もしかすると包装が簡易な分だけ安いのかもしれません。だとしたらお得ですね。
プレーンは以前に食べた「匠」とほぼ同じと考えていいでしょう。その・のバウムに関してはまた後日にレポートするということで。

大きさも小さく、価格もお手ごろ、だけど味は非常に上品となかなか条件のいいバウムクーヘンだと思います。マルイ北千住店に行くことがあったら、ぜひ銀座文明堂に立ち寄られたらいかがでしょうか?目の前にバウムクーヘンの棒があるのをみることができる機会もそうそうないので、いい体験になると思います。



銀座文明堂


<バウムクーヘン(プレーン)のデータ>
内容量:約45g(直径約8cm(年輪幅3cm)×厚さ約3cm)/個(実測)
原材料:
卵、砂糖、バター、小麦粉、コーンスターチ、米飴、アーモンド、洋酒、杏ジャム、食塩、寒天、膨張剤、酸味料、ゲル化剤、香料(原材料の一部にりんご、オレンジ由来を含む)
※他しい原材料は記載されていないので不明。よって「匠」の原材料を記載。







にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加しています。
面白かったと思ったらバナーをクリックしてください。




<オマケ>

銀座文明堂/バウムクーヘン
「どれどれ、一口もらおうか」
posted by yama3 at 06:58| Comment(6) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

東京ばな奈/しっとりクーヘン

東京ばな奈/しっとりクーヘン
東京ばな奈/しっとりクーヘン

今日のyama3はバマライザーですよ〜。
本日ご紹介するバウムクーヘンは「東京ばな奈」様から出されている「しっとりクーヘンです。
「東京ばな奈」様から出されているバウムクーヘンは「しっとりクーヘン」「バウムブリュレ」「しっとり生クーヘン」「しっとりクーヘン」の4種です。今回はイチバンスタンダードと思われる「しっとりクーヘン」を選びました。
いや、選んだと言うよりそれしか選択権がなかったんですけどね。
たまたま東京駅にいく予定があり、そしてたまたま通りかかったので試しに購入してみました。残りがあまり無かったので今回のものになりました。

東京ばな奈/しっとりクーヘン

さてそのバウムクーヘンの感想ですが「しっとりクーヘン」というだけあってさすがにしっとりしてます。でも「治一郎のバウムクーヘン」とは違って、文明堂のカステラのようなしっとり感です。
>>治一郎のバウムクーヘンについてはコチラ (治一郎の耳

さてこのようにはっきりと色分けされた層となっているとバマライザーの好奇心がウズウズとうずいていきます。
なのでやってみました↓

東京ばな奈/しっとりクーヘン

綺麗にばらせました。左からチョコレート層(1.5cm)、バナナ層(1cm)、プレーン層(2.5cm)となっています。

このバウムクーヘンはしっとりしているけれど重たい食感はなく、軽い口当たりとなっています。原材料に使われている米粉がこのしっとり感を産んでいると説明書きに書いてありました。私はこの米粉がしっとり感を産むのと同時に軽い口当たりも産んでいるのだと思いました。
強い香りは感じませんでしたが、それが逆に「ほっ」とさせる要素となっています。そしてバナナとココアはよく合いますね。

ちなみに各色ごとに分割してますが、これが意外に難しいんです。
それぞれを単独に食べてもそれぞれの味がしっかりと出ているので、このバウムクーヘンはかなりしっかり作られたバウムクーヘンとなっています。

あとの2つも食べてみたいですね。また東京駅に行く機会があったら買ってみたいと思います。


東京ばな奈ワールド

<しっとりクーヘンのデータ>
内容量 約370g(直径約15p(年輪幅約5p)×厚さ約4p)/個(実測)
原材料 卵、砂糖、小麦粉、ショートニング、植物油脂、クリームチーズ、バター、米粉、クリーム(乳製品)、還元水飴、糯粉、洋酒、ココアパウダー、バナナペースト、レモンペースト、食塩、乳蛋白、乳糖、乳清、チーズホエイ、澱粉加水分解物、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料、甘味料(ステビア)、セルロース、カゼインNa、調味料(無機塩)、酸味料、リン酸塩(Na)、(原材料の一部にりんご、オレンジを含む)



※このバウムクーヘンを取り上げたブログ
バウムクーヘン三昧」様
殿のブログ」様
堺で働く番頭はんのブログ」様
chakaのバラ色の人生」様
乙女のおやつ」様
おいしい〜関西Life」様




にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:17| Comment(10) | TrackBack(4) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

おとぎの国メルヘン/母の日限定・カーネーションバウム

5月14日(日)は母の日でしたね。「おとぎの国メルヘン」様では「母の日限定・カーネーションバウム」を期間限定数量限定で販売していました。
今日ご紹介するバウムクーヘンはその「母の日限定・カーネーションバウム」です。

母の日限定・カーネーションバウム

これはパンプキンセサミやマロンDEジャポネと同様なデコレーションバウムです。
>>「マロンDEジャポネ」の試食の感想はコチラ

母の日限定・カーネーションバウム

外側のチョココーティングが梅のとと同じなので梅のとベースで作られたデコレーションバウムなのかと思えば、コーティングが梅のとと同じだけで中は普通の夢のとでした。
上のピンクのカーネーションはバタークリームで作られています。これが切り分ける時はサックリと固いのですが、口の中に入れるとほどけるように溶けていきます。また苺の粒が混ぜられていて、その粒々食感がたまりませんでした。
バウムクーヘンの穴の中にはふわふわのムースが詰まっています。しかもこのムースの中には洋梨のコンポートが入っていて、そのシャリシャリした食感とふわふわムースが口の中で見事に調和して美味しさの幅を広げていました。

母の日限定・カーネーションバウム

底にはマロンDEジャポネの時と同様にチョココーティングされたスポンジがしかれています。

カーネーションの甘酸っぱさがなんとも言えずに美味しかったのですが、実は私はバタークリームは食べると気持ち悪くなるので若干苦手です。なのでとても美味しかったのですが、バタークリームで無ければもっと気に入ったかなと思いました。郵送すると形が崩れるなどの関係からバタークリームを使ったのでしょうが、これがホイップクリームでできていたら理想的だと思いました。
バタークリームって少ししつこくありませんか?そんなところからもこれは年配の母親向けというより、若いお母さん向けの贈り物に適しているのかなと思いました。年配のお母様にはやはり今回「マァムクーヘン」として販売された「珠洲焼の里」が良いかと思います。
>>「珠洲焼の里」の試食の感想はコチラ

何にしても「おとぎの国メルヘン」様のバウムクーヘンはやはり美味しいです。デコレーションバウムは見た目にも華やかで楽しいので、いろんな種類のものが出てくれたらなぁと思いました。
でも夢のとのようなシンプルなのも好きです。そんな夢のとが、今「おとぎの国メルヘン」様では1万個オークションが開かれています。

楽天市場のオークション会場はコチラ↓
バームクーヘン◎夢のときりかぶ 【スイーツ10万個オークション】
<バームクーヘン◎夢のときりかぶ 1万個オークション

「夢のと食べてみたーい!」と思った方はこちらのオークションにご参加下さい。試すにはもってこいの企画だと思います。
そして私と一緒に「おとぎの国メルヘン」様のバウムクーヘンにハマりましょう!


おとぎの国メルヘン
おとぎの国メルヘン店長のまじめなブログ

<母の日限定・カーネーションバウムのデータ>
内容量 約500g(直径約16p(年輪幅約4p)×厚さ約4p)/個(実測)
原材料 卵、砂糖、バター、小麦粉、でんぷん、植物油、ラム酒、バニラ、洋ナシ
添加物 一切使用無し





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:34| Comment(2) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

肉のハナマサ/プロ仕様 生バウムクーヘン

ハナマサ/生バウムクーヘン
ハナマサ/生バウムクーヘン

今日のバウムクーヘンはなかなかいいですよ〜。なんてたって「プロ仕様」ですからね!

本日ご紹介するバウムクーヘンは「肉のハナマサ」様で作られている「プロ仕様 生バウムクーヘン」です。
肉のハナマサと言えば何にでも「プロ仕様」とつけることで有名ですが、まさかバウムクーヘンにまで「プロ仕様」という言葉が使われるとは思いませんでした。バマライザーとしてはどの辺が「プロ仕様」なのか気になり、つい購入してしまいました。

ハナマサ/生バウムクーヘン

「生クリームをブレンドし、ふんわりとソフトに焼き上げた、まろやかな味のバウムクーヘン」ですとパッケージに書いてあります。実に長いキャッチコピーですが、とてもわかりやすいです。別に焼いていないバウムクーヘンというワケでもなかったようです。
で、食べてみました。
確かにキャッチコピーには偽りはないようです。さすが「プロ仕様」(笑)
付け加えるならば甘みがやや強いというところでしょうか。
全体的に見ても以前に紹介した「生バウム・L」にそっくりです。原材料も一緒。でも作られている会社が違います。
これは「エースベーカリー」と「CGC」が全く同じバウムクーヘンを作っているのに会社が違うのと一緒でしょうか?

値段は250円以下と大変お得なバウムクーヘンでした。で、結局どの辺がプロ仕様だったかというと、それはわからずじまいです。この大きさでこの価格というところが「プロ仕様」?
肉のハナマサに行ったら探してみて下さい。「プロ仕様 生バウムクーヘン」と書いてあるのをみると、なぜか笑えますから。
とりあえず私は「どこがプロ仕様やねん!」とつっこんでおきました。


肉のハナマサ

<プロ仕様 生バウムクーヘンのデータ>
内容量 約300g(直径約14cm(年輪幅4cm)×厚さ約5cm)/個(実測)
原材料 鶏卵、小麦粉、砂糖、植物油脂、生クリーム、麦芽糖、でん粉、食塩、ソルビトール、乳化剤、膨張剤、着色料(カロチン)、酸化防止剤(V.E)、香料
(原材料の一部に大豆を含む)



<オマケ>
ハナマサ/生バウムクーヘン
かくれんぼ中




にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:03| Comment(4) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

なごり本舗つたや/バウムクーヘン

なごり本舗つたや/バウムクーヘン

今日はちょっと変わったバウムクーヘンを紹介したいと思います。

前回「伝説のちーずケーキ」を紹介した「なごり本舗つたや」様の「バウムクーヘン」です。
このバウムクーヘンは今まで食べたことがない、とても特殊なバウムクーヘンでした。
何が変わっているのかというと香辛料が結構使われていて、香りも味もスパイシーなのです。「治一郎のバウムクーヘン」が日本の粋を凝らしたバウムクーヘンだとすると、こちらのバウムクーヘンは実にエスニックなのです。

香りの元となっているのは次の5種です。
バニラ
シナモン
ナツメグ
オールスパイス
ラム酒

この中でも香辛料であるシナモン、ナツメグ、オールスパイスがエスニックな雰囲気を醸し出す要因となっています。シナモンやナツメグが使われているバウムクーヘンはよくありますが、オールスパイスまで使われているバウムクーヘンはこれが初めてでした。
なので封を開けた途端に漂う香りに驚かされました。

なごり本舗つたや/バウムクーヘン

生地はしっかりと焼かれていて、焼き色もくっきりはっきりしています。軽い食感で水分は少なめ。でも口の中で水分不足によるぱさつきは感じられず、むしろ広がる香りが楽しめて良かったです。
甘さはそんなに強くなく、また年輪にそってよく剥けました
なごり本舗つたや/バウムクーヘン

これを食べていたらシルクロードを西へ向かって旅をしているイメージが湧いてきました。
このバウムクーヘンはバウムクーヘン単品では売られておらず、和菓子のセットの中の1つのなっているのが唯一のネックです。バウムクーヘンが数個セットになったものでもよいから、バウムクーヘンのみで販売されていたらバウムクーヘン好きとしてはありがたいなと思いました。


なごり本舗つたや

<バウムクーヘンのデータ>
内容量 約45g(直径約8.5cm(年輪幅2.5cm)×厚さ約2cm)/個(実測)
原材料 卵、砂糖、小麦粉、バター、膨張剤、バニラ、シナモン、ナツメグ、オールスパイス、ラム酒





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

マルキン/生バウム・L

マルキン/生バウムL
マルキン/生バウムL
本日ご紹介するバウムクーヘンは「株式会社マルキン」様の「生バウム・L」です。以前に紹介した「ジャンボバウム」と似ているようでわずかにパッケージが違います。下部にいつも通り原材料を記載しているので見ていただきたいのですが、原材料はほぼ一緒です。違いといえば「生バウム・L」には酸化防止剤が入っていないことだけです。
>>ジャンボバウムの記事はコチラ

「生クリームの美味しさとコクを閉じこめました」とあります。以前に同じ株式会社マルキン様の「厚切りカットバウム」を紹介した時の「北海道牛乳のおいしさと国を閉じこめました」というキャッチコピーとほぼ同様のフレーズです。
ほっとする美味しさというコピーもなかなかステキですね。
>>厚切りカットバウムの記事はコチラ

マルキン/生バウムL

しかしそのキャッチコピーを使うだけあって確かに生クリームの風味をよく感じました。これは以前に食べたジャンボバウムよりも感じましたし、美味しいと思った点でもあります。似たような原材料ですが、わずかに違いを見つけることができました。
しかし食感や色合いがカステラに近く、生地のフワフワ感もカステラっぽいです。この大きさだからバウムの風格を保っていられますが、薄切りにしたら腰のないイナバウムでしょう。
>>「イナバウム」とは何じゃらホイという方はコチラ

市販バウム特有の粉っぽさはあるけれど、生クリームのおかげかそんなにパサパサはしていません。甘みはやや強めです。
このように年輪にそってよく剥けました↓
マルキン/生バウムL

大きさはかなりのもので、お値段もお手頃ですし、おやつバウムに最適な1品ではないでしょうか?熱いブラックコーヒーと一緒にどうぞ。
気になるのは名前の「L]という単語。やっぱりこれは「Large」の「L」なんですかねぇ??

株式会社マルキン


<生バウム・Lのデータ>
内容量 約400g(直径約14p(年輪幅約4p)×厚さ約6p)/個(実測)
原材料 鶏卵、砂糖、小麦粉、植物油脂、でん粉、麦芽糖、生クリーム、食塩、ソルビトール、膨張剤、乳化剤、着色料(カロチン)、香料
(その他大豆由来の原材料を含む)





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

モンテール/バウムクーヘン

モンテール/バウムクーヘン
モンテール/バウムクーヘン

私の地元の八潮にはスイーツ販売製造を主業務としている「モンテール」の製造工場があります。そこでは工場直販売も行われており、通常価格よりも安く買うことができます。また商品としては扱えない規格外のものも破格の値段で売られています。

今回ご紹介するのはそのモンテールのバウムクーヘンです。モンテールの焼き菓子はこちらの工場での直販売か通販でしか買えないのでとても貴重です。しかしバウムクーヘンは規格外での販売はないので、通常価格となってます(通常価格1050円)。送料がかからない分だけ直接買えるのはお得ですけどね。

モンテール/バウムクーヘン

このバウムクーヘンはかなり美味しいです。美味しいバウムベスト5を挙げるならば、まず1つに入れてもいいくらいですね。
周囲にアイシングがされています(グラスアローと言うそうです)。このアイシングがかなりシャリシャリしていて、この食感がたまりません。これが美味しいポイントの1つ。
そして記事はとってもふんわり柔らかでしっとり感もあります。生クリームと醗酵バターの風味がとても豊かで、口の中でそれらがふんわりと広がり幸せな気分に浸れます。
周りのアイシングとこの風味豊かな味わいが高級感を漂わせています。バッハマンなどのドイツ風に近いというバウムクーヘンは食べたことがないのでわかりませんが、これは結構王道のバウムクーヘンに近いのではないかと思いました。

モンテール/バウムクーヘン

このバウムクーヘンは年輪にそってよく剥けます。また焼き色は中心が濃く、外側に行くほど薄くなっていきます。
アイシングの関係で要冷蔵となっています。そうしないとバウムクーヘンを包んでいるパッケージにアイシングがくっついてしまい、このバウムクーヘンの美味しさを逃すこととなりますのでご注意を。
また賞味期限がかなり短めで購入してから1〜2週間でお食べ下さいますようお願い申し上げます。

ちなみにこのモンテール八潮工場の工場直販売はクチコミで情報が広がり、午前中で商品が全て売り切れてしまうこともしばしば。私も開店とほぼ同時に行きましたが、30分ほど並びました。写真を撮って、取材も兼ねてみたかったのですがあまりにも混雑していたのでそれすらできませんでした。
もし行かれることがあれば、午前10時オープンに合わせて行かないと狙った商品は絶対に手に入れることはできません。みんなたくさんの商品を一度に買っていました。いっぱい買っていろんな人に配るんだそうです。なるほど。

ちなみにバウムクーヘンの試食もできます。

オンラインショップはコチラ↓
ケーキ、スイーツのモンテール@Yahooショップ

ケーキ スイーツのモンテール


<バウムクーヘンのデータ>
内容量 約300g(直径約14p(年輪幅約4p)×厚さ約4p)/個(実測)
原材料 卵、砂糖、加工油脂、生クリーム、でんぷん、小麦粉、トレハロース、アーモンド、醗酵バター、還元水飴、異性化液糖、洋酒、水飴、食塩、乳化剤、膨張剤、香料、
(その他大豆由来の原材料を含む)





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ママ/厚切りバウムクーヘン

ママ/厚切りバウムクーヘン

本日紹介するバウムクーヘンは「ママ」様の「厚切りバウムクーヘン」です。


株式会社ママ(ホームページ無し)
※菓子専門商社株式会社宮田と関連した会社らしいです
住所:千葉県松戸市和名ヶ谷950-1
TEL:0120-601-670(お客様相談係)

<厚切りバウムクーヘンのデータ>
ママ/厚切りバウムクーヘン
内容量:約30g(縦幅約7p(年輪幅約4p)×横幅約3p)/個(実測)
原材料:
鶏卵、砂糖、小麦粉、植物油脂、でん粉、麦芽糖、牛乳、食塩、ソルビトール、膨張剤、乳化剤、着色料(カロチン)、香料
(原材料の一部に乳と大豆含む)

続きを読む
posted by yama3 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

ミキフーズ/冷やして美味しいバウムクーヘン

ミキフーズ/冷やして美味しいバウムクーヘン

本日紹介するバウムクーヘンは「ミキフーズ」様の「冷やして美味しいバウムクーヘン」です。かしっくすさんからお届けされたバウムクーヘンの1つです。これが最後の1個…悲しいなぁ(T△T)

「冷やして美味しい」と書いてありますが、どれくらい冷やすと美味しいのか気になりました。なので4等分に分けて実験しました。

ミキフーズ/冷やして美味しいバウムクーヘン

実験は下記の4つを行いました。
・常温
・冷凍しておいて、食べる少し前に常温
・ずっと冷蔵
・ずっと冷凍

それではまず「常温」の感想から。
常温で食べるとしっとりしてます。口当たりは滑らかで、卵の風味が感じられました。

次に「冷凍しておいて、食べる少し前に常温」です。
なんとなくパサついた感じがしました。なんとなく生地も固くなり、風味もあまり出ず、バウムクーヘンの旨味が失われた感がありました。

3番目に「ずっと冷蔵」です。
冷たくひんやりしている。かつ生地に柔らかさが残り、素材も感じられました。

最後に「ずっと冷凍」です。
表面が凍っていて食べた時に口に貼りつかないか心配でしたが、その心配は無用でした。表面はかなりサクサクした食感になりました。生地が中まで固くなり、バウムクーヘンの旨味もあまり感じられません。ただ暑い日に食べるとひんやりしているので美味しいかもしれません。冷凍バウムは普通とは違った食感が楽しめます。

総括ですが「ずっと冷蔵」が一番美味しく食べられました。次は常温で食べたものですね。
これ、市販のバウムですよね?それにしてはなかなかレベルの高い品だと思います。なにやらストロベリーという別の味もある様子。見かけたら即購入のバウムクーヘンですな。

「冷やして美味しい」と言ってもどれくらい冷やすと美味しいのか試したこの実験、今後のバウム道に良い経験となりました。


有限会社ミキフーズ(ホームページ無し)
株式会社ミキフーズとは別会社です。
住所:神奈川県横浜市神奈川区浦島町377
TEL:045-461-1163

<冷やして美味しいバウムクーヘンのデータ>
内容量 約120g(直径約10p(年輪幅約3p)×高さ約3.5p)/個(実測)
原材料 鶏卵、砂糖、小麦粉、マーガリン、コーンスターチ、オリゴ糖、乳化剤、膨張剤、香料、酒
(原材料の一部に乳と大豆含む)





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:21| Comment(4) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンネモト/バームクーヘンin越谷献血ルーム

先日越谷献血ルームに行ってきました。
献血ルームではお菓子や飲み物がサーブされています。
なんとその中に見慣れたお菓子が!?

サンネモト/バームクーヘン in 越谷献血ルーム

わかりますか?かごの中で左側にあるのがバウムクーヘンです。
これは以前にお伝えした「サンネモト」様のバームクーヘンです。
>>以前の記事はコチラ

このような場所でバウムクーヘンにであるとは思っておらず、ちょっと感激してしまいました。
バウムクーヘンの波がジワリジワリと広がっていますね。


サンネモト株式会社:東京都足立区平野3-15-22
(ホームページ無し)→参考URL:http://fujiya-honten.co.jp/cgi-local/catalog.cgi?mode=detail&cate=1&code=4904206_019209-1

内容量 約27g(直径5,5cm×厚さ1cm)/個
原材料 鶏卵、小麦粉、砂糖、植物油脂(なたね油、パーム油)、コーンスターチ、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

美坂屋/バナナバウムクーヘン

美坂屋/バナナバウムクーヘン

本日紹介するバウムクーヘンは「株式会社美坂屋」様の「バナナバウムクーヘン」です。かしっくすさんからお届けされたバウムクーヘンの1つです。

美坂屋様と言えば醗酵バターを使ったバウムクーヘンでバウムラーの間では有名ですが、このバナナバウムクーヘンには醗酵バターが使われていません。その代わりと言っては何ですが、バナナリキュールとバナナペーストがふんだんに使えれているのか、とても良いバナナの香りが封を開けた途端に漂ってきました。例によってアルコール製剤が使われているのですが、その匂いや風味は今回気になりませんでした。

美坂屋/バナナバウムクーヘン

バナナペーストが生地に練りこまれているので、かなり味はバナナしています。「商品の中の黒い粒はバナナの種です」とパッケージにお断りが書いてあるくらい、バナナペーストがふんだんに使われているようです。バナナ好きにはたまらない一品。
醗酵バターが使われていないせいか、若干濃厚さは薄い気がします。

乳糖製菓様から出されている「スティッククーヘン」にもバナナ味があって、それもかなりバナナの味がしっかり出ていました。しかし乳糖製菓様のスティッククーヘンは通販、もしくは西武百貨店系列の「ザ・ガーデン」でしか手に入れられません。
しかしこの美坂屋様のバウムクーヘン比較的手に入れやすいようで、各地のスーパーで売られている模様(私はまだ発見したことがありませんが)。ジャスコなど身近なスーパーで売られていて、それでいてかなりレベルの高いこのバウムクーヘンはかなりオススメです。見かけたらぜひ購入して食べてみてください。
私も見かけたらすかさずゲットしたいと思います。これはリピートしたくなる一品でした。


株式会社美坂屋

<バナナバウムクーヘンのデータ>
内容量 約150g(縦幅約13p(年輪幅約2p)×横幅約8p)/個(実測)
原材料 卵、糖類(砂糖・グラニュー糖)、小麦粉、マーガリン、麦芽糖、コーンスターチ、バナナペースト、ショートニング、はちみつ、バナナリキュール、植物油脂、食塩、粉乳、乳化剤、膨張剤、ソルビット、香料、ゲル化剤(ペクチン)、酸化防止剤(ビタミンC)、リン酸カルシウム、着色料(アナトー、カロチン、カロチノイド)、(原材料の一部に大豆・豚含む)





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:44| Comment(6) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

パティスリーディラン/焼きバームクーヘン・紅茶(カット)

パティスリーディラン/焼きバームクーヘン・紅茶(カット)

さて今日お届けするバウムクーヘンは「パティスリーディラン」様の「焼きバームクーヘン・紅茶」です。これはカットされたものです。

封を開けた途端に紅茶の強い香りがしてくることはありませんでしたが、口の中に放り込むと紅茶の香りがそこはかとなく上品に広がります。紅茶にはそんなに詳しくないので銘柄は特定できませんが、どこかで飲んだことがあるような風味でしたので、一般に出回りやすい茶葉を使用していると思います。私見ではかすかにマスカットっぽい香りを感じたのでダージリンだと思っていますが…はてさて、真相はいかに??

パティスリーディラン/焼きバームクーヘン・紅茶(カット)

以前ディラン様のバウムクーヘンをお伝えした時にも書きましたが、年輪にそってよく剥けます。感触はふわふわとして柔らか。焼き色はしっかりついているけれど、生地はしっとりしています。この生地の加減がまた絶妙で口の中でほどけていくような感覚が味わえ、それがとても美味しく思えます。

これはカットされたもので個包装されているので保存は簡単ですが、ホールですとこの紅茶の香りを飛ばさないように、また他の香りが移らないように保存するのは難しいかもしれませんね。



ちなみにパティスリーディランではカットされたものだけでなくホールでも売られています。

◆焼きバームクーヘン(各1ホール750円)

◆蒸しバームクーヘン(各1ホール850円)

◆プティバームクーヘン※焼きバームクーヘンのカット(各190円)

こちらのお店ではネット販売は行われていませんが、電話による注文は出来ます。以上を参考にしていただいて、興味がわいた方はぜひ連絡してみてはいかがでしょうか?料金は後払いで、振込用紙が商品と一緒に送られてきます。

パティスリー・ディラン
代表者 中田稔
島根県松江市春日町190-1
0852-23-7878

<焼きバームクーヘン・紅茶(カット)のデータ>
内容量:約70g(長さ約11cm×年輪幅約4cm×厚さ約4cm)/個(実測)
原材料:
卵、上白糖、液糖、小麦粉、でん粉、コーンスターチ、バター、マーガリン、液体ショートニング、ベーキングパウダー、牛乳、ラム酒、マジパン、紅茶






にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加しています。
面白かったと思ったらバナーをクリックしてください。
posted by yama3 at 08:01| Comment(6) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

おとぎの国メルヘン/夢のと・白チョコ

今日から私のゴールデンウィークが始まります。この期間はかしっくすさんから贈られてきたバウムクーヘンを楽しみたいと思います。先日お伝えした「バウムクーぱん」だけは賞味期限が近かったので食べましたが、その他は丁寧に保管してあります。今日からいただきたいと思いますので、レポートは後日になると思います。

さて、今日ご紹介するバウムクーヘンは「おとぎの国メルヘン」様から「夢のと・白チョコ」を紹介したいと思います。

夢のと・白チョコ

これはお試しセットとして税・送料込みでなんと1000円で購入できます。ただ現在は注文が殺到して売り切れているようです。母の日用で注文するとそれに対応したラッピングをしてくれたようです。
どれくらい殺到したかというと1000人くらいのお客様が来店したそうです。すごいですねぇ。メルヘン様のバウムクーヘンはとっても美味しいですから、この味を知ったらもうやめられませんよ。きっとこれからもメルヘン様は大変でしょう。

ちなみに楽天市場で購入される場合はコチラ↓
夢のとお試しバームクーヘン!!
夢のとお試しバームクーヘン!!

さてその味ですが、メルヘン様のバウムクーヘンは数多く紹介しているので割愛…といきたいところですがやっぱりそうもいきません。
ナイフを入れるといつもよりふんわりとした感触が感じられました。戻り具合がいつもと違ったのでしょうか?(「戻る」についてはコチラ)

黒チョコよりもスイートに感じました。それは多分ホワイトチョコレートだからだと思います。ホワイトチョコレート独特の甘みを強く感じました。そしてこのホワイトチョコレートの部分だけとても分離しやすく、切り分ける時にはがれてしまいました。

夢のと・白チョコ

上の写真はうまく切れた様子です。隠れている方が実ははがれてしまった方です。

夢のと・白チョコ

切った断面を見てみましょう。やはり年輪が細かくしっかりと現れています。このようにしっかりとした焼き上がりなので、メルヘン様の生地はしっかりどっしり、そしてしっとりとしたものになっています。食べてもくどい甘さなどは感じられず、とても食べやすいものとなっています。

また寝かすととても美味しくなります。生地自体に美味しさがどんどん染み込んでいくようです。市販バウムだとなかなかこうもいかず、寝かして美味しくなるのは手が込んで作られたバウムクーヘンの特徴だと思います。

はちみつの優しい甘さとラム酒の大人びた香りが特に感じられました。これはやはりオススメのバウムクーヘンです。

ちなみにお試し用の夢のとはサイズがいつもの半分くらいとなっています。そして本当は黒チョコです。今回は特別に白チョコにしていただきました。メルヘン様ありがとうございます☆




おとぎの国メルヘン
おとぎの国メルヘン店長のまじめなブログ



<夢のと・白チョコのデータ>
内容量:約300g(直径約18cm(年輪幅約6cm)×厚さ約4cm)/1個(実測)
原材料:
卵、砂糖、バター、小麦粉、でんぷん、植物油、ラム酒、ハチミツ、チョコレート
添加物 一切使用無し









にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加しています。
面白かったと思ったらバナーをクリックしてください。
続きを読む
posted by yama3 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

第一パン/バームクーぱん

バウムクーヘンの波がついにパンにまでやってきました。

第一パン/バームクーぱん

さ今回ご紹介するのは「第一パン」から出されている「バームクーぱん」です。
「バウムクーヘンをイメージでたリング状のパン」とパッケージに大きく書かれています。なので厳密に言えばこれはバウムクーヘンのカテゴリではないのですが、パンの世界にまでバウムクーヘンの波が押し寄せてきたという象徴としてバウムのカテゴリに含めたいと思います。
大砲巻の和風バウムクーヘン、そしてこのバームクーぱんとバウムクーヘンの波はあらゆるところに進出しています。
次はなんですかね?バウムクーヘンをイメージしたおにぎり?それじゃただの海苔巻きか(笑)

さて、試食の感想に移りますか。このバウムクーヘンは封を開けたらフワーといいパンの香りが漂ってきました。パン以外の何者でもないこの香り。
生地はフワッフワです。砂糖のアイシングがしてあります。冷えていないとこのアイシングが溶けて、食べていると手がべとべとになります。しかしこの手についたアイシングをペロッとなめるのもまた良しかな。

第一パン/バームクーぱん

こんな感じに何となく層になっています。さすがバウムクーヘンをイメージして作っているだけはあります。ただリング状なだけだったらドーナツと一緒ですからね。

なので層に沿って剥いてみました↓
第一パン/バームクーぱん

かしっくすさん、どうもありがとうございました。とても楽しくいただくことができましたよ♪


第一屋製パン株式会社
※新商品紹介(その他)の下の方にバームクーぱんがあります。

<バームクーぱんのデータ>
内容量 約140g(直径約15p(年輪幅約cm)×厚さ約6cm)/個(実測)
原材料 小麦粉、チョコレートフラワーペースト、砂糖、粉糖アイシング、植物油脂、パン酵母、卵、食塩、ソルビトール、糊料(増粘多糖類)、香料、イーストフード、ビタミンC、保存料(ソルビン酸)、乳化剤、
(原材料の一部に乳、大豆含む)





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:35| Comment(2) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。