2006年08月24日

KONDITOREI RABIEN(コンディトライラビーン)/バウムクーヘン

8月もあと1週間ですね。早いもんだー。

KONDITOREI RABIEN(コンディトライラビーン)/バウムクーヘン
本日紹介するスイーツは「KONDITOREI RABIEN(コンディトライラビーン)」様の「バウムクーヘン」です。


KONDITOREI RABIEN(コンディトライラビーン)



<バウムクーヘンのデータ>
内容量:約380g(直径約12cm(直径約3cm)×高さ約7cm)/1個(実測)
原材料:
卵、バター、砂糖、小麦粉、小麦でんぷん、塩、カルダモン

KONDITOREI RABIEN(コンディトライラビーン)/バウムクーヘン
このバウムクーヘンは待ちに待ったものです。確か伊勢丹でお中元の季節くらいに注文できたと思います。
本場ドイツのバウムクーヘン。それはそれは、もういろんな食べ方をしました。

まずはボート型に薄くスライス
KONDITOREI RABIEN(コンディトライラビーン)/バウムクーヘン

次にブック型にカット
KONDITOREI RABIEN(コンディトライラビーン)/バウムクーヘン

ジャムもつけてみました。
KONDITOREI RABIEN(コンディトライラビーン)/バウムクーヘン

年輪はこんな感じにでています。芸術的です。
KONDITOREI RABIEN(コンディトライラビーン)/バウムクーヘン

それではこのバウムクーヘンの感想を述べたいと思います。
生地に水分は少ないのですが、パサついているわけではありません。コーティングされた砂糖はかなり甘めでしたが、それを除けばかなりプレーンで甘さ控えめでした。PASCOの砂糖コーティングとは違い、砂糖も上品な感じがしてこれなら砂糖コーティングもありだなと思いました。

その姿はとても大きく、重量感に溢れているのに、口に含むととても軽い口当たり。味わいも素材の味がとてもいかされていて、余計な味を感じませんでした。
冷蔵庫でよく冷やしておいたものを常温に少し置いてからを食べると、適度にしっとり感が現れてとても美味しくなりました。

少し表面がパリッとなるくらいにオーブンで焼いてみましたが、プレーンな甘味がより現れ、私好みの味になりました。

小麦の柔らかい甘さ、そして香り。卵の旨味、それらがとてもよく活かされたバウムクーヘンだったので、しばらくスーパー系のバウムクーヘンが食べたくなりませんでした。


コチラのブログでも紹介されています。

バウムクーヘン三昧:コンディトライ ラビーンのバウムクーヘン
まったりらいふ:老舗の絶品バウム

こういう紹介記事もありました。

Yahoo! JAPAN PR企画 - Styleup magazine
ラビーンバウムクーヘン, コンディトライ ラビーン KONDITOREI RABIEN




にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加しています。
面白かったと思ったらバナーをクリックしてください。
posted by yama3 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22736336
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。