2006年08月17日

おとぎの国メルヘン/夢のと切り株

昨日、借りていたリリーフランキー著の『東京タワー』を返しに実家に帰ったら、またたくさんの夕飯をごちそうになってしまいましたレストラン
しかもお風呂いい気分(温泉)までいただいちゃって、親のありがたさをよぉっく感じた夜でした夜
詳しくは今日の日記から

おとぎの国メルヘン/夢のと切り株

本日紹介するスイーツは「おとぎの国メルヘン」様の「夢のと切り株」です。


おとぎの国メルヘン
おとぎの国メルヘン店長のまじめなブログ



<夢のと切り株のデータ>
内容量:約80g(縦幅約11cm(年輪幅約5cm)×厚さ約3cm)/1個(実測)
原材料:
卵、バター、グラニュー糖、薄力粉、コーンスターチ、はちみつ、エサンテ、ラム酒
膨張剤、保存料不使用

もう今更語ることもないくらい紹介していることの多い「おとぎの国メルヘン」様のバウムクーヘンです。
>>おとぎの国メルヘンの他のバウムクーヘンレポはコチラ

この夢のと切り株は最近よく行われているオークション用に用意されたカットクーヘンで、通常の2倍の厚さとなっています。
何度食べても食べ飽きない、この味に私はもうトリコです。

今回は同じく「おとぎの国メルヘン」様から出されている「バームラスク」に
挑戦してみたので、そのレポートをします。
>>お抹茶バームラスクのレポートはコチラ
>>以前のバームラスクのレポートはコチラ

おとぎの国メルヘン/夢のと切り株
まず厚さを3等分にしたものをオーブンでじっくり焼いてみました。
なかなか全体的にパリッとしていて美味しかったですが、中にはまだややふんわり感が残っていました。

おとぎの国メルヘン/夢のと切り株
厚さを5等分にして焼いてみました。
薄くなった分焼き時間も短くなったので、ちょっと色が変わってしまいましたが、かなり「バームラスク」のパリサク感に近かったです。しかしやはり「バームラスク」の歯応えは出ませんでした。
厚さとしてはこの5等分が一番近いと思います。

やはりバームラスクを作るにはただ焼けばいいってものではありませんでした。
ちなみに今回私が製作するにあたって美味しく焼く方法を見つけたので、参考までに挙げておきます。
なるべく水分を飛ばした方がパリッと焼けました。それから常温で戻しておくと良いようでした。水分を飛ばすのに私はレンジを用いましたが、温めすぎると生地が「「フニャン」となってしまって、腰がなくなってしまうので数秒程度にしてください。
それからカットする場合は、よく冷やして生地がしっかりした状態の時が一番切りやすいです。その時はしっかりナイフを温めておくと、さらに綺麗にカットできます。

<オマケ>
夢のとカットバーム
夢のとカットバーム
切り株ドミノ



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加しています。
面白かったと思ったらバナーをクリックしてください。
posted by yama3 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22444542
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。