2006年02月28日

おとぎの国メルヘン/プティショコラfromひのあいこ

ひのあいこチョコ
ひのあいこチョコ

なんと「おとぎの国メルヘン」の店長さんから直々にコメントをいただいてしまいました。とっても嬉しいです。なので、今回はそれを記念してというわけではありませんが、バレンタインデー特別企画「『暮恋待日』と備考欄に記入するとひのあいこ特別プティショコラあげちゃうよ」(この企画名は私が勝手に名付けました)でいただいたチョコレートを紹介します。

私は2点購入したので、その2点ともに書いたらなんと2つもいただけました。ありがとうございます!!

まずはお皿の上部にある黒いチョコレートから。こちらはとてもブランデーが効いていました。かなり大人味です。表面にはビターなココアパウダーがまぶしてあります。カリッと一口食べると固めのチョコレートの中にしっとりとしたチョコレートが入っていました。全体的に味はビターでした。美味しかったのですがちょっとお酒が効きすぎているので、少しで良かったなと思いました。

次はお皿の下部にある白いチョコレートの紹介です。固めのホワイトチョコの中にはふんわり食感のホワイトチョコが入っていました。さっき食べた黒いチョコとは違ってこちらはかなり甘めです。ホワイトチョコレート独特の甘みが口の中で広がりました。

2つの異なったチョコレートをくださったひのあいこ様、どうもありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
あ、ホワイトデーにお返しをしなければならないと思うけど、どうしたらいいんだろう…???

おとぎの国メルヘン
おとぎの国メルヘン店長のまじめなブログ


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポン・デ・アーモンド

ポンデリング・アーモンド

さて続いてもポン・デ・リングの紹介です。先ほどの記事で紹介したポン・デ・あずきホイップも早く食べてみなくては期間が終了してしまいますね!!

これは「ポン・デ・アーモンド」です。アーモンドペーストを混ぜたチョコレートでコーティングされています。甘みは結構控えめで、アーモンドクリームがなかなか美味しくて、個人的ポン・デ・リングランキング上位に入賞しています。ナッツが好きだからというのもあるでしょうが。一番ノーマルなポン・デ・リングが結構甘めなので、甘いのが苦手という方はこちらの商品はいかがでしょうか?

ミスタードーナツ

ポン・デ・アーモンド


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ポン・デ・リング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポン・デ・マロンクリーム

ポンデリング・マロンクリーム

たまにはポン・デ・リングの紹介でもしましょう。なぜなら「ポン・デ・あずきホイップ」という新しい顔ぶれが現れたからです。今回ご紹介するのは秋季限定だった「ポン・デ・マロンクリーム」です。

これは以前は「ポン・デ・マロン」という名で販売されていましたが、今年は「マロンクリーム」なって登場しました。でも名前は変わっても構成は変わっていませんでした。ま、個人的には「マロン」だけのほうが呼びやすくていいと思いました。

このポン・デ・リングはマロンペーストがかかっているだけでなく、マロンクリームがサンドされています。さらっと粉砂糖もかけられているのがポイントですね。私は栗が好きなので、このポン・デ・リングが大好きです。期間限定なのがホントに残念です。

ちなみにポン・デ・あずきホイップの情報はコチラ。ポン・デ・マロンクリームは販売が終わってしまったのでリンクが貼れません。ごめんなさい。

ミスタードーナツ


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ポン・デ・リング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

おとぎの国メルヘン/ハート型バウムクーヘン(バレンタインデー仕様)

メルヘンのバレンタインデー用ハート型バウムクーヘン
メルヘンのバレンタインデー用ハート型バウムクーヘン

今回ご紹介するバウムクーヘンは、これまら私のお気に入りショップの1つである「おとぎの国メルヘン」さまのバウムクーヘンです。これはバレンタインデーのために特別に作られたバウムクーヘンです。紹介するには若干遅いですが、まだ2月だということでお許しをm(_ _)m
ちなみに現在ホワイトデー用のハート型バウムクーヘンも販売されています。
【おとぎの国メルヘン】ホワイトデェイスペシャル
ホワイトデェイスペシャル

写真を見ていただけたらおわかりになると思いますが、真ん中の穴がなんとハート型になっています。さすがに芯棒をハート型にして焼いたわけではなく、通常の芯棒で焼いた物をハート型に抜いたものだとは思いますが、その形のかわいらしさには食べるのがもったいなく思ってしまうほどです。ま、写真に撮った後はもちろん美味しくいただきましたが(^^;

さてこのバウムクーヘン、チョコレートコーティングされているのですが、そのチョコレートの層が予想よりも厚かったですね。その厚さは約2mmあり、底面を除く全てにその厚さでコーティングされているので、かなり味がチョコチョコしてます。チョコレート好きにはたまらない一品だと思いますが、苦手な人には逆の意味でたまらない一品だと思います。ちなみに私は前者です 。

ちなみにカットした様子はコチラです↓
メルヘンのバレンタインデー用ハート型バウムクーヘン

バウムクーヘン自体の生地は以前に試食した夢のとと変わらないように思えました。散りばめられたアザランの食感がまたいいアクセントとなって美味しかったです。かなり味自体はチョコレートが強いのですが、バウム自体の甘みはそんなにくどくないので、結構あっさりいけていまいます。
ちなみにハート型の穴に収められていたチョコレートはビターチョコレートでした。私はビターチョコレートが好きなので、これまた嬉しかったですね。

余談ですがちゃんと層にそって剥けましたよ。剥けるか剥けないか試すのが私の最近の楽しみです(^^)

おとぎの国メルヘン

<ハート型バウムクーヘン(バレンタインデー仕様)のデータ>
内容量 約290g(直径約18p×厚さ約3.5p)/個(実測)
原材料 卵、バター、グラニュー糖、薄力粉、はちみつ、チョコレート



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:57| Comment(2) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友達が手作りバウムクーヘンにチャレンジしました!!

ネットで知り合った私の料理仲間であるガリさんという方が、私の最近のバウムクーヘン道に刺激を受けて、自分でバウムクーヘンを作ってしまったようです。なんとすばらしいことでしょう!!私もいつか作ってみたい!!

そのガリさんが作ったバウムクーヘンが見られるブログはコチラ↓
ブログタイトル:捨て台詞
記事名:バームクーヘン作ったどー!
http://donnburi.exblog.jp/

記事毎のURLはひっぱってこれないようなので、トップのURLとなっています。時間がたったら後ろに回ってしまうので、その時は自力で検索して下さい。現在の状況は焼いている所です。近々断面図のアップをする模様。楽しみでっす!!


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳糖製菓の最新情報/焼きたてバウムクーヘンの販売開始

私のお気に入りバウムクーヘンショップである乳糖製菓さまから新商品が販売されました。その名も「焼きたてバウムクーヘン」です。 特徴としましては
・鮮度保持剤などを使用していない
・焼きたてのまま、工場から直送
・季節限定(夏季発売なし)
となっております。価格は1050円。オンラインショッピングでのみの販売となっており、期間も限定されています。販売期間は1月〜5月までと10月〜12月の2期のみです。
興味が湧いた方はこちらで注文なさってはいかがでしょうか?もちろん私も注文するつもりです。

ちなみにコチラのバウムクーヘンはスティッククーヘンのみ西武系の「ザ・ガーデン」というスーパーで購入することができます。見かけたら購入を考えてみてはいかがでしょうか?

株式会社 乳糖製菓
〒130-0012 東京都墨田区太平3-3-11
TEL:03-3622-6732
FAX:03-3622-7882

下町バウムクーヘンの「株式会社 乳糖製菓」


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

パティスリーディラン/蒸しバームクーヘン:黒糖

パティスリーディラン・蒸しバームクーヘン黒糖

パティスリーディラン・蒸しバームクーヘン黒糖

さて今回もかしっくすさんから送っていただいた「パティスリーディラン」のバウムクーヘンです。「好きなものは後に」と言ったように、今回は満を持して登場「蒸しバームクーヘン」です。

ちなみにこれは「蒸しバームクーヘン:黒糖」です。初めに裏話をちょっぴり話すと原材料が書かれたシールには「抹茶」と書いてあり、それを食べながら見ていた私は黒糖味を感じる自分の味覚がおかしくなったのかとびっくりしました。ま、ただのシール間違いだったんですけどね。

さて試食の感想ですが、「蒸し」というだけあって蒸しパンっぽいです。でも生地を蒸してから表面を焼くようで、だからしっかりとバームクーヘン特有の年輪ができるんですね。なのでしっかりと剥くことができます。かなり手の込んだ商品で、これはもはや芸術品なのではないかと思ってしまいます。バームクーヘンでありながら、バームクーヘンっぽくない。新しいバームクーヘンの形を作った革命児なのではないかと思います。

味はしっかり黒糖が効いています。しっとりとしていてふわふわな生地とその黒糖独特の優しい甘さがマッチして、食べていてそれはもう癒されるようでした。

パティスリーディランの商品全てにいえることなのですが、とても朝食に合うバウムクーヘンだと思いました。その甘みがとても上品でくどくなく、紅茶と一緒に食べたら一発で脳が目覚めると思いました。

というわけでこんなに美味しいバームクーヘンを送っていただいたかしっくすさん、本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m

以下にパティスリーディランで扱っているバームクーヘン一覧とお店の情報を記載します。

◆焼きバームクーヘン
(バニラ、チョコ、チョコバニラ、各1ホール750円)

◆蒸しバームクーヘン
(チョコ、抹茶、黒糖、各1ホール850円)

◆プティバームクーヘン※焼きバームクーヘンのカット
(バニラ、チョコ、チョコバニラ各190円)

こちらのお店ではネット販売は行われていませんが、電話による注文は出来ます。以上を参考にしていただいて、興味がわいた方はぜひ連絡してみてはいかがでしょうか?料金は後払いで、振込用紙が商品と一緒に送られてきます。

パティスリー・ディラン
代表者 中田稔
島根県松江市春日町190-1
0852-23-7878

<パティスリーディラン/蒸しバームクーヘン:黒糖のデータ>
内容量:約180g(直径約11cm×厚さ約4cm)/個(実測)
原材料:
※原材料のシールが「抹茶味」だったため詳細不明






にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加しています。
面白かったと思ったらバナーをクリックしてください。
posted by yama3 at 13:31| Comment(5) | TrackBack(1) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パティスリーディラン/焼きバームクーヘン:チョコバニラ

パティスリーディラン・焼きバームクーヘンチョコバニラ
パティスリーディラン・焼きバームクーヘンチョコバニラ

今回もかしっくすさんから送っていただいた「パティスリーディラン」のバウムクーヘンです。

これは「焼きバームクーヘン:チョコバニラ」です。「チョコ:バニラ=1:2」という比率になっています。バウムクーヘンは剥いて食べるのが好きな私としては両方の味が楽しめてしまうお得なバウムクーヘンです。でもそれじゃぁ、このバウムクーヘンの本当の美味しさは味わえないと思うので、ちゃんと両方でもいただきました。
生地はしっかりしていてやや固め。チョコよりも若干年輪に沿って剥きやすかったです。バニラとありますが、いわゆるプレーンなバウムクーヘンと思っていただければと思います。そんなにバニラの香りが強くありませんでした。チョコに負けたのかな?
ところでプレーンなバウムクーヘンと言っても、作るところによって全然違いますよね。プレーンなだけに表情がいっぱいあって楽しいです。

ちなみに昨日もお伝えしたこの焼きバームクーヘンですが、カットされたものだけでなくホールでも売られています。

◆焼きバームクーヘン (バニラ、チョコ、チョコバニラ、各1ホール750円)

◆蒸しバームクーヘン (チョコ、抹茶、黒糖、各1ホール850円)

◆プティバームクーヘン※焼きバームクーヘンのカット (バニラ、チョコ、チョコバニラ各190円)

こちらのお店ではネット販売は行われていませんが、電話による注文は出来ます。以上を参考にしていただいて、興味がわいた方はぜひ連絡してみてはいかがでしょうか?料金は後払いで、振込用紙が商品と一緒に送られてきます。

パティスリー・ディラン
代表者 中田稔
島根県松江市春日町190-1
0852-23-7878

<パティスリーディラン/焼きバームクーヘン:チョコバニラ(カット)のデータ>
内容量 約70g(長さ約11p×年輪幅約4p×厚さ約4p)/個(実測)
原材料 卵、上白糖、液糖、小麦粉、でん粉、コーンスターチ、バター、マーガリン、液体ショートニング、ベーキングパウダー、牛乳、ラム酒、マジパン、チョコレート



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 09:47| Comment(2) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

パティスリーディラン/焼きバームクーヘン:チョコ

パティスリーディラン・焼きバームクーヘンチョコ
パティスリーディラン・焼きバームクーヘンチョコ

今回は以前にバウムラーであるかしっくすさんから送っていただいた「パティスリーディラン」のバウムクーヘンからです。こちらでは世にも珍しい「蒸しバームクーヘン」を販売しています。でも今回ご紹介するのは「焼き」の方です。
好きなものは先に食べますか?後に食べますか?私は後派です。なので目玉である「蒸し」の紹介は後のお楽しみにとっておきます。

さて前置きが長くなりましたが、「焼きバームクーヘン:チョコ」の試食レポです。こちらのバウムクーヘンにはマジパンが原材料に使われています。私はマジパン入りのバウムクーヘンを食べるのが初めてだったので、その食感が今まで食べたバウムクーヘンとは違っていたので感動を覚えました。他のショップでもマジパンが使われたバームクーヘンはいろいろと売られているので、比較してみたいとも思いました。
チョコレート味ですが、そんなにチョコが強くなく風味にする程度です。でもこれくらいの方がこのバウムクーヘンの美味しさを損なわないので、非常にバランスの取れた風味だと思います。
生地はしっかりしていてやや固め。私の研究の1つして「年輪に沿って剥けるか」というのがあるので、チャレンジしてみました。若干剥くのに苦労はしましたが、なんとか剥くことはできました。

こちらのお店ではネット販売は行われていませんが、電話による注文は出来ます。興味がわいた方はぜひ連絡してみてはいかがでしょうか?料金は後払いで、振込用紙が商品と一緒に送られてきます。

パティスリー・ディラン
代表者 中田稔
島根県松江市春日町190-1
0852-23-7878

<パティスリーディラン/焼きバームクーヘン:チョコ(カット)のデータ>
内容量 約60g(長さ約9.5p×年輪幅約4p×厚さ約3.5p)/個(実測)
原材料 卵、上白糖、液糖、小麦粉、でん粉、コーンスターチ、バター、マーガリン、液体ショートニング、ベーキングパウダー、牛乳、ラム酒、マジパン、チョコレート



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

株式会社三輝・手作り工房「銀の雫」/森の舞曲

e-gocco・森の舞曲
e-gocco・森の舞曲

1日1つバウムレポアップめざして頑張ります。と言ってもさすがに毎日は続かないと思いますが…

さてさて今回お届けするバウムクーヘンは「e-gocco」という楽天ショップからお取り寄せした「森の舞曲」というメルヘンチックな名前のバウムクーヘンです。この名前から最近話題になっているフィギュアスケートを連想したのはきっと私だけでしょう。

試食の感想ですが、かなりしっとりしています。それでいて食感はかなり固めです。これは私のバウムクーヘンの好みのストライクゾーンにバッチリ決まっています。そのしっとり感が逆にあだとなったかパッケージから出す時に、表面の皮がパッケージにかなり貼り付いたままとなってしまいました(もったいないので剥がして食べました←いじきたない)。

層がかなり細やかで、10pという直径でこれだけの年輪があるバウムクーヘンは私は初めて見たように思えました。ちなみに年輪幅3pで年輪の数が18〜20ほどありました。
かなり高さがある一品なので、スティック状にしていただいてみました。スティック状にして食べるとこのバウムクーヘンのしっかりとした固さが十分に味わえました。クール便で届けられらたので、そのまま冷凍庫に直行させておき、食べる時にかなり冷えた状態で食べていたのですが、この食べ方が一番美味しかったように思えます。このバウムクーヘンは温めるより、冷やして食べた方がその美味しさを味わえます。

「e-gocco」の店長はこの中に生クリームを詰めて食べることを提案していましたが、私としてはそのような工夫はしないでそのまま食べることをオススメします。それくらいしっかりとした味わいなので、プレーンのままの方が美味しさをより感じられると思ったからです。しかしアクセントを加えたいと思ったならば、工夫をするのはかまわないと思います。
生クリームを詰めて食べた方がいらっしゃいましたら、感想をコメント欄に書いていただけるとありがたいです。

手作り工房「銀の雫」

e-gocco

楽天でのお取り寄せはコチラから↓
でっかい、でっかいバウムクーヘン(約400g)なんと高さは約10cm!真ん中に生クリームを詰めて食...

<株式会社三輝・手作り工房「銀の雫」/森の舞曲のデータ>
内容量 約400g(直径約10p×高さ約10p)/個(実測)
原材料 卵、砂糖、バター、薄力粉、コーンスターチ、生クリーム、蜂蜜、オレンジキュラソー、香料(バニラオイル)、膨張剤(ベーキングパウダー)



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハタダ大洲/お試してんこ盛りセット・中身紹介その4

ハタダ大洲のお菓子を詰め合わせた「お試してんこ盛りセット」の中身を紹介していきたいと思います。今回はその最終回の第4弾。残された和菓子類について紹介したいと思います。


ハタダ・鳴門金時芋
これは「鳴門金時芋」という見た目そのまんまのお菓子です。いわゆるスイートポテトをサツマイモに模して作られたお菓子です。ちゃんと皮と中身が再現されていました。かなりしっとりしていて、それはしっとりを超えてねっとりしていました。食べたらかなりお茶が欲しくなる一品でした。芋の甘みが生きていて美味しかったです。

ハタダ・玉の石
これは「玉の石」というお菓子です。石の形を模したお菓子で、形だけで固くはありませんでした。若干ぱさついているのでお茶が欲しくなります。水分を少なめなのが、ある意味石を再現しているかも知れませんね。例の妙な甘みがあって私はちょっとイヤでした。

ハタダ・白いまんじゅう
これは「薄皮まんじゅう」です。饅頭シリーズの時にお伝えし忘れたので、今回の登場となりました。薄皮というだけあって、中の小豆あんが透けるくらい皮が薄いです。特徴としては皮が薄いくらいで、特に特筆すべき点はありませんでした。あんこは粒餡です。私はこし餡よりも粒餡の方が好きなので、この点は良いところです。

以上「ハタダ大洲/お試してんこ盛りセット」の全てをお届けしました。
いくつかのお菓子にあった例の妙な甘味の原因は何だったのかが気になります。なのでデータは残してあるので、原材料から調べて見たいと思います。アナライザーの使命ですね。個々のお菓子の原材料は後ほど追記します。
ハタダ大洲楽天市場店


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

ヤマザキ製パン/バームクーヘン

山崎パン・バウムクーヘン
山崎パン・バウムクーヘン

今回のバウムクーヘンもパンで有名なメーカーからです。ヤマザキ製パンといえば「ヤマザキ春のパン祭り」でポイントをためると白い器がもらえることが有名ですね。いや、有名かどうかは知りませんが、私はあの器を集めるのが好きで、ウチにはいっぱいあの器があります。

さて話がそれてしまったので試食の感想に移りたいと思います。先日PASCOのバウムクーヘンの試食レポをアップしましたが、あれを食べたのは結構前で、このヤマザキのバウムクーヘンは久しぶりにスーパーで購入したバウムクーヘンでした。
最近お取り寄せで購入した美味しいバウムクーヘンばかり食べていたので、「スーパーで売られているお買い得なバウムクーヘンはどうかな〜…」と思いながら一口いただきました。

「う〜ん…」

決して味は悪い方ではないと思います。スーパーで売られているものにしてはなかなか美味しいと思います。しかし生地がしっとりしているというより「ねっちょり」しているのが、なんとも言えない不快感を覚えました。「ねっとり」なら許せますが「ねっちょり」しているのです。口の中でこびりつくような感じがあり、とても後味が悪いバウムクーヘンでした。
生地は柔らかめで、一応剥くこともできました。焼き上げられた表面はバウムクーヘンっぽくなく、どちらかというとカステラのようでした。どうやらこのバウムクーヘンにはあと2種類ほど味があるようです(ホームページにバウムクーヘンの紹介がないので、スーパーでの目視による確認。味は未確認)。

PASCOのバウムクーヘンはアリかな〜と思いましたが、ヤマザキのバウムクーヘンは今後手を出すかは微妙です。名前も「バームクーヘン」と特に無いのが個人的にはちょっとイヤです。
でも袋に印刷されているバウムクーヘンを焼いている職人さんの絵は気に入りました。

他にもパンメーカーから出ているバウムクーヘンがあれば食べてみたいですね。

ヤマザキ製パン

<ヤマザキ製パン/バームクーヘンのデータ>
内容量 約260g(直径約14p×厚さ約4p)/個(実測)
原材料 鶏卵、小麦粉、砂糖、植物油脂、コーンスターチ、乳化剤、膨張剤、酸味料、香料
(原材料の一部に大豆含む )



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:33| Comment(2) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハタダ大洲/お試してんこ盛りセット・中身紹介その3

ハタダ大洲のお菓子を詰め合わせた「お試してんこ盛りセット」の中身を紹介していきたいと思います。今回はその第3弾。昨日の続きで洋菓子類を紹介したいと思います。


ハタダ・ふわどーる
これは「ふわどーる(チーズ)」です。かっこ付けでチーズとするくらいですから別の味もあるのでしょう。チーズクリームが挟まっているブッセです。アーモンドパウダーが生地に使われていてナッツ感も十分に感じられて、1つで2度美味しいお菓子でした。

ハタダ・優しさを重ねて ダックワーズ
これは「優しさを重ねて ダックワーズ」というお菓子です。アーモンドを混ぜた生地にヘーゼルナッツペーストが挟まっています。とてもナッツ風味が強くてナッツ好きの私としてはナッツ感を十分堪能できる一品でした。

ハタダ・伊予っ子
これは「伊予っ子」というお菓子です。いわゆる小倉デニッシュですが、それを高級にした感じです。粒餡で小豆の粒を十分感じながらも邪魔をしない、とても良い品です。これはもう一度食べてみたいと思いました。(言ってませんでしたが、私はとてもあんパン系が好きなのです)

さてお試してんこ盛りセットも紹介するのは残りわずかとなりました。しかし今回はこの辺で。次回は和菓子編です。
以上「ハタダ大洲/お試してんこ盛りセット・洋菓子シリーズ(2)」をお届けしました。

ハタダ大洲楽天市場店


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

PASCO/扇バウム5

pasco・扇バウム

今回はパンで有名なPASCOのバウムクーヘンです。5入りで扇形をしたバウムクーヘンです。その名も「扇バウム5」。なんとも率直な名前にPASCOの男らしさ(?)を感じます。

さて試食の感想ですが、スーパーで売られているバウムクーヘンとしてはなかなかレベルの高い味だったように思えます。なかなかしっとりしていて、甘みもまあまあでした。生地はどちらかというとしっかりした部類に入ると思います。
ただ私としては表面につけた砂糖コーティング(フォンダンとは違う)が余計だったように思えました。砂糖菓子が好きな人にはたまらないのかもしれませんが。私にはこの砂糖が意外にボロボロと崩れてこぼれやすいのも低評価の原因です。
扇形なので剥く作業は比較的簡単に行えました。食べ方としては特にオススメすべきものはありません。常温でも美味しくいただけます。砂糖が溶けるといけないので保存する時は温かくない所にした方が良いと思います。

PASCO

<扇バウム5のデータ>
内容量 約50g(長さ約11p×年輪幅約4.5p×厚さ約2p)/個(実測)
原材料 砂糖、卵、小麦粉、加工油脂、コーンスターチ、水あめ、ミックスジャム(水あめ、あんず、砂糖、みかん)、食塩、ホエイパウダー、(乳製品)、脱脂粉乳、乳化剤、膨張剤、酸味料、カロチン色素、香料
(原材料の一部に大豆含む )



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 10:50| Comment(8) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハタダ大洲/お試してんこ盛りセット・中身紹介その2

ハタダ大洲のお菓子を詰め合わせた「お試してんこ盛りセット」の中身を紹介していきたいと思います。今回はその第2弾としてセットの中でも洋菓子として分類してもよいと思われるものを紹介したいと思います。


ハタダ:窯だしクッキー
これは「窯出しクッキー」です。箱を開けた時から既に割れていたのは残念でしたが、割れていても味は変わらないのでよしとしましょう。かなりバリッと割と固めのクッキーでした。固いからこそ柔軟性がないから届けられた時に割れてしまっていたのかも知れません(いや、やっぱ郵送の問題か)。

ハタダ・森の収穫祭
これは「森の収穫祭」です。ボート型のクッキー生地の上にさまざまな種類のナッツが乗っていて歯ごたえは抜群です。とてもナッツが香ばしく、またナッツの旨味を活かした控えめな甘みが美味しさの決め手となっていました。

ハタダ・鳴門金時ポテト
これは「鳴門金時ポテト」です。ボート型のタルト生地の上に鳴門金時で作られたスイートポテトが乗っています。ほっくりしていて、甘みもあっさりでとても美味しかったのですが、透明のプラケースにしっかりはまっていて、しかも生地が崩れやすかったので食べづらかったのが難点でした。

ハタダ・栗タルト
これは「栗タルト」です。ハタダ大洲様では栗タルトを1本で販売もしていますが、今回のは小分けにカットしたものを1つづつ包装されたものです。ふわふわのタルトの中に小豆の餡が入っており、その中に刻まれた栗が噛んでいるとちょうどいいアクセントになる量で入っています。食感はとても良かったのですが、よもぎまんじゅうの時にあったような癖のある甘みがあり、それが少しイヤでした。

まだまだ洋菓子と分類すべき物はいくつかありますが、今回はこの辺りで。
以上「ハタダ大洲/お試してんこ盛りセット・洋菓子シリーズ(1)」をお届けしました。

ハタダ大洲楽天市場店


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

勝手に肩書きを決めてみました

どうも分析してしまうのが癖みたいなので、それを逆手にとって自分の肩書きを考えてみました。

分析する人ということで「アナライザー」と勝手に決めました。

バウムクーヘンには特に強いこだわりがあるので、いつか立派な「バウムアナライザー」になりたいものです。

って、いいのかそれで??


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 17:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳糖製菓/あっぷるくーへん

乳糖製菓・あっぷるくーへん
乳糖製菓・あっぷるくーへん

待ってた方はいるのかいないのかわかりませんが、お待たせしました。自ら工場に立ち寄り、そして社長から手渡しでいただいた乳糖製菓のバウムクーヘンレポ第2弾でございます。

今回は満を持して登場、乳糖製菓でもイチオシ、私の中でもイチオシの「あっぷるくーへん」です!!

袋の封を開けた途端にリンゴの甘い香りが広がります。早速ホームページにも使われているような感じにナイフでカットしてみると、黄金色したリンゴが現れました。リンゴ大好きな私としては、もうこれだけで喜びは頂点に達してしまいそうです。
早速一口。リンゴはとてもシャキシャキしていて、甘すぎないシロップ味となっていました。それにあわせたのかバウムクーヘンはとても甘さ控えめでした。リンゴと一緒に食べることを想定しているのでしょう、若干生地はぱさつき気味でした。以前に食べた切れ端のバウムクーヘンよりも軽い食感のバウムです。
リンゴの味がバウムにも染みていました。それぞれを単独で食べても十分美味しいものですが、両方同時に味わうとその美味しさは格段にアップします。下町っぽさはこれからは感じませんでしたが、老舗の洋菓子という感じは伝わってきました。
ちなみにバウムの生地が剥けるか努力してみましたがうまく剥けませんでした(^^;

「あっぷるくーへん」は乳糖製菓様のホームページからオンラインで購入することができます。試食してみたい方はご注文されたらいかがでしょうか?個人的にはオススメの一品です。

>>seesaaショッピングでの購入はコチラから

株式会社 乳糖製菓
〒130-0012 東京都墨田区太平3-3-11
TEL:03-3622-6732
FAX:03-3622-7882

下町バウムクーヘンの「株式会社 乳糖製菓」

<あっぷるくーへんのデータ>
内容量 約460g(直径約12p×高さ約7.5p)/個(実測)
原材料 りんご、鶏卵、砂糖、小麦粉、植物油脂、コーンスターチ、乳脂肪、オリゴ糖、乳化剤、膨張剤、香料(原材料の一部に大豆含む)



にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:42| Comment(2) | TrackBack(0) | バウムクーヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハタダ大洲/お試してんこ盛りセット・中身紹介その1

ハタダ大洲のお菓子を詰め合わせた「お試してんこ盛りセット」の中身を紹介していきたいと思います。今回はその第1弾


ハタダ・黒糖まんじゅう
これは「黒糖まんじゅう」です。その名の通り黒糖が使われた饅頭なのですが、黒糖なので甘さがまろやかで、味わい深く感じました。饅頭は4つ入っていたのですが、これが一番好みの味でした。

ハタダ・よもぎまんじゅう
これは「よもぎまんじゅう」です。よもぎが生地に練り込まれています。ただ甘みがなんか癖のある感じで、わざとらしい変な甘みを感じました。言葉で表現するといやにスーッとする甘みです。よもぎの風味というわけではなく、甘味料の何かが原因なのではないかと思いました。生地はもちもちしていて美味しかったです。

ハタダ・みるくまんじゅう
これは「みるくまんじゅう」です。これは中身の餡がこれまでと小豆と違って、白芋餡でした。だからなのかもしれませんがかなりもっちりとした食感でした。ミルクの風味も若干して、なかなか美味しかったです。

ハタダ・深山栗ひろい
これは「深山栗ひろい」という栗饅頭です。正確に言うと饅頭ではないのかもしれませんが、私の栗饅頭のイメージは饅頭らしいもっちり感ではなく、ほくほくしたイメージがあるのであえて栗饅頭とさせていただきました。
これはなかなか高級和菓子というに値する、かなり上品な味わいでした。お試してんこ盛りセットの中でも群を抜いて質・味・見た目・包装・手間の全てが秀でていました。ほっくりした餡の周りには柔らかでさらさらとした粉状のもの(すいません、正体はなんだかわかりませんでした)がまぶしてありました。この餡はほっくりしつつもしっとり感が失われておらず、口の中がぱさつくことはありませんでした。

以上、「ハタダ大洲/お試してんこ盛りセット・饅頭シリーズ」をお届けしました。

ハタダ大洲楽天市場店


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

ハタダ大洲/お試してんこ盛りセット

ハタダ・お試しセット
ハタダ・お試しセット中身

先日「時のかたち」をレポートしたハタダ大洲ですが、送料無料でハタダ大洲のお菓子を詰め合わせた「お試してんこ盛りセット」を販売しています。写真を見ておわかりになるかと思いますが、かなりてんこ盛りに入っています。これだけ入って1980円(送料込み)なのだからかなり安いと思います。


内容は先日お伝えした「時のかたち」を含め、和洋菓子が全部で17個入っていました。洋菓子と言っても和菓子をベースにしたような感じでした。それぞれのお菓子のレポートをあげていきたいと思います。ただしバウムクーヘンの時ほど細かなデータはありませんので、ほとんど感想になると思いますが。

ハタダ大洲楽天市場店


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス解析して楽しいこと

毎日アクセス解析をしているのだけど、意外に「サンネモト」のバームクーヘンの検索率が高いんです。そんなに「サンネモト」のバームクーヘンが気になるんでしょうか?

[サンネモトのバウムクーヘンの記事]

今日からまた1週間仕事が始まるのでそんなにレポのアップはできないでしょうが、頑張ってレポのアップをしたいと思います。バウムのレポだけじゃなくて、たまには他のスイーツのレポもアップしますかね。


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村 スイーツブログ」に参加してます。
よろしかったら、ポチッとバナーを押して下さい。
posted by yama3 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。